ジャパン・ツーリズム・アワード

ジャパン・ツーリズム・アワードとは

2021年度の募集については中止とさせていただきます。
本アワードはツーリズムの発展・拡大に貢献し、「ツーリズムEXPOジャパン」とのシナジー効果に寄与、または国内・海外の団体・組織・企業の持続可能で優れた取組を表彰するためのものです。

2021年につきましては、対象になる事例が限られたものとなるため中止とさせていただきました。

本アワードを通して日本のツーリズムを世界に発信する絶好の機会と捉え、日本の観光振興が観光関係の企業や団体のみで牽引されるのではなく、日本の良さが眠る「地域」を核に活性化を図ること、同時に海外各国との「双方向交流の拡大」が日本の観光振興をさらに促進させること、これらが今後のツーリズム発展に必要という共通認識のもと、各賞の選定を行った、2020年までの表彰取組を掲載いたします。

過去の取り組み

2020年(第6回) 国土交通大臣賞

応募団体 奄美イノベーション株式会社
取組名 集落文化×「伝泊+まーぐん広場」が創る 「日常の観光化」を国内外へ展開
評価のポイント 空き家等を活用し、集落の中に宿泊するというキラーコンテンツに頼らない「集落文化の日常を観光化」する新しい旅のカタチの提案である。観光客誘致だけでなく、地域住民の雇用促進や、観光客と地域住民が集う場を設けることで、住民と観光の垣根を無くす等、社会性の高さも評価された。

2020年(第6回) 観光庁長官賞

応募団体 一般社団法人大雪カムイミンタラDMO
取組名 『Mountain City Resort』ブランドの形成と地域づくり
~誰もが上質で豊かな「滞在時間」を満喫できるエリアを目指して~
評価のポイント 緻密なマーケティングの上に成り立つ地域ブランディングを幅広く展開するとともに、多言語対応はもとよりMaaSの活用など、地域DMOとして多くの模範的取組があることを評価した。

2020年(第6回) 観光庁長官賞

応募団体 JTB 九州&離島アイランドホッピングプロジェクト
取組名 JTB 九州&離島アイランドホッピングプロジェクト
評価のポイント 島国である日本の特徴を活かしチャーター機によるアイランドホッピングで離島観光を手軽なものにさせるとともに、きめ細やかなコンテンツ設定により独自性も高い。また、他の地域への展開の可能性など、発展性も評価した。

2020年(第6回) 観光庁長官賞

応募団体 株式会社 ミキ・ツーリスト
取組名 現地発着・次世代型周遊バスツアー「JOIBUS(ジョイバス)」
世界の旅行者と一緒にヨーロッパ周遊!
評価のポイント FIT時代に即し1名でも催行する顧客利便性 の高さや、日本語対応により日本人が安心して利用できる他、長年にわたって欧州への日本人旅行者を受け入れてきた同社ならではのきめ細やかな対応を評価した。

2020年(第6回) エクセレントパートナー賞

応募団体 カタルーニャ観光局
取組名 VRゲーム「レジェンド・オブ・カタルーニャ バルセロナの地」
評価のポイント VRを活用してゲームを楽しみながらカタルーニャの文化、歴史、自然などを体験し、知識を深めることができる斬新的な発想でゲームの無料配信をスタートし、コロナ禍で国際的な往来が制限される中、カタルーニャの魅力を疑似体験で訴求できた手法を高く評価した。

2019年(第5回) 国土交通大臣賞

応募団体 株式会社百戦錬磨
取組名 農泊と世界をつなぐ地域活性化サービス
評価のポイント 訪日客を対象にした新しい宿泊スタイルの提案である。農家など外国人の受入に不安のある施設の課題解決にきめ細かく対応する取組は先駆的かつ発展性の高く、地方へのインバウンド誘致の切り札になることを期待する。

2019年(第5回) 観光庁長官賞

応募団体 佐賀嬉野バリアフリーセンター
取組名 嬉野温泉のバリアフリー化は第5段階へ~民間救急との連携~
評価のポイント 医療機関と協力して障がい者、高齢者など一人では入浴困難な人々のサポートをして安心・安全に温浴を健常者同様に楽しむことから、極めて社会性の高い取組と評価した。

2019年(第5回) 観光庁長官賞

応募団体 一般社団法人田辺市熊野ツーリズムビューロー
取組名 聖地・熊野における地域ぐるみの新しい観光モデルへの挑戦
評価のポイント 世界遺産「熊野古道」を地元住民・企業との連携と理解のもと保存と継承を進め、多くの来訪者を受け入れる実績を持つ持続的かつ社会性の高い取組と評価した。

2019年(第5回) 観光庁長官賞

応募団体 パラオ政府観光局
取組名 世界初の環境保護誓約「Palau Pledgeの創造」
評価のポイント 世界自然遺産のパラオ諸島を持つパラオ政府が自然環境保全を目的として、国外からの旅行者に自然保護を誓約させることは画期的であり、かつ環境保護教育を実施するなど、持続的発展につながる社会性そして発展性の高い取組であると評価した。

2019年(第5回) エクセレントパートナー賞

応募団体 フィリピン観光省
取組名 ボラカイ島の復活 ツーリズムの持続的発展に向けて
評価のポイント 半年にわたるボラカイ島への観光客受入れ停止により自然が蘇ったことで、質の高い観光を続ける道筋を作ったことは、社会の持続的発展においてツーリズムが果たす素晴らしい事例となった。オーバーツーリズムの課題解決のための好例として、きわめて社会的かつ先進的な取組として高く評価した。

2018年(第4回) 大賞

応募団体 一般社団法人雪国観光圏
取組名 地域連携DMOによる新たなブランドづくり「真白き世界に隠された知恵に出会う」
評価のポイント 日本版DMOの先駆的な存在として、雪国の新たなブランドストーリーを3県7市町村が連携して構築するなど、持続可能な地域経営の取組みで、成果を上げている点が評価される。地域に根付いた暮らしや文化など新たな価値を創造し、マーケティングにより明確な顧客ターゲットを設定、顧客ニーズにマッチした商品開発、品質管理などを徹底している点も評価される。

2018年(第4回) エクセレントパートナー賞

応募団体 タイ国政府観光庁
取組名 タイ12の秘宝
評価のポイント バンコクを中心としてリピーターが8割の日本からの訪問客に対して、新たな12の旅行先を提案する取組で、文化や自然に溢れた未知の魅力に触れることで旅行客を増やしている。
ジャパン・ツーリズム・アワード募集事務局
受付時間:平日 10:00〜18:00