IR GAMING EXPO 2019 in OSAKA

Sponsors

Diamond packages

ラスベガス・サンズ

ゲンティン・シンガポール・
リミテッド

ギャラクシー・
エンターテインメントジャパン

メルコリゾーツ&
エンターテインメントジャパン

日本MGMリゾーツ・
オリックス株式会社

サンシティグループ
ホールディングスジャパン

Emerald packages

ラ・ヴォーグブティック
ホテル&カジノ

Media partner

リードメディアパートナー
Inside Asian Gaming

メディアパートナー
カジノIRジャパン

Outline

With the establishment of the Act on Promotion of Development of Specified Complex Tourist Facilities Areas (IR Implementation Bill), the IR market finally came into being.
The selection of IR business operators (RFP) by local governments aiming to attract IRs is expected to take place this autumn.

Organizer Executive Committee IR Gaming EXPO
Date October24 - October27
Supporters Wakayama Prefecture
Nagasaki Prefectural Government
Public interest foundation Kansai Economic Federation
General incorporated association Kansai Association of Corporate Executives
Osaka Convention & Tourism Bureau
General incorporated foundation KANSAI Tourism Bureau
Wakayama Chamber of Commerce and Industry
The Sasebo Chamber of Commerce and Industry
Nagasaki Marine IR Promotion Council
Japan Academy of Integrated Resort & Gaming Studies
MPI Japan Chapter
Venue INTEX OSAKA
Contact Enquiries for exhibiting
Tourism EXPO Japan Promotion Office
Zen-Nittsu Kasumigaseki Bldg. 4F, 3-3-3 Kasumigaseki, Chiyoda-ku, Tokyo
TEL : +81-(0)3-5510-2004
FAX : +81-(0)3-5510-2012
E-mail:event@t-expo.jp

Enquiries for booth preparation
IR GAMING EXPO office (IGE office)
6-10 Toyosaki 5 chome, Kita-ku, Osaka Commercial Building 7F
TEL: +81-(0)6-6377-7232
FAX: +81-(0)6-7632-4154
MAIL: event@irge.jp

講演

タイトル 「日本版IRが開く観光大国日本」
講師 橋爪紳也氏(大阪府特別顧問 大阪市特別顧問)
日時 2019年10月24日(木) 11:00~11:45
場所 インテックス大阪1号館 「IRゲーミングEXPO」会場内主催者ステージ
募集人数 100名
内容 大阪の都市開発における夢洲の位置付けと、日本型IRにとって非常に重要な国際観光拠点としての開発についてお話しします。また、2025大阪関西万博の概要などお話しする予定です。

シンポジウム

タイトル 日本型IRとギャンブル等依存症対策のあるべき姿 ~第10回法人依存学推進協議会シンポジウム
講師 谷岡一郎氏(NPO法人 依存学推進協議会 副理事長)
日時 2019年10月24日(木) 12:30~17:00
場所 インテックス大阪 国際会議ホール
募集人数 50名
内容 現状、日本にはカジノ施設がないので基本的にはカジノ施設を起因とするギャンブル依存症はありません。しかし、既存の公営ギャンブルや遊技場であるパチンコを起因とする依存症の問題は少なからず存在しています。また、日本ではギャンブル依存症を「自己責任」のような考え方が根強く、ギャンブル等依存症対策が十分に進んでいません。
 本シンポジウムでは、諸外国の事例や最新知見を参考にし、日本におけるギャンブル等依存症対策のあるべき姿を、様々な側面から考えたいと思います。

※上記講演とシンポジウムの登録は、遷移先ページの「事前来場登録」が完了した後に選択が可能となります。

Tourism EXPO Japan Promotion Office
(Open: Weekdays 9:30-17:30)