インバウンド・観光ビジネス総合展

インバウンド・観光ビジネス総合展2018
Inbound Tourism Business EXPO

開催概要

ツーリズムEXPOジャパンと日経新聞社は、今年も共催で「インバウンド・観光ビジネス総合展」をツーリズムEXPOジャパン内のフェアinフェアとして今年も開催します。
訪日観光ビジネスを支援するマーケティング、多言語・ICTソリューション、映像・ウェブコンテンツ、関連機器・インフラ支援、空間設計・インテリア、人材支援、物販・体験企画などの観光ビジネスを支援するサービスを提供する企業・団体の出展を募集いたします。

主催 ツーリズムEXPOジャパン、日本経済新聞社
会期 2018年9月20日(木)〜21日(金) 2日間
会場 東京ビッグサイト東展示棟 東5~6ホール内「インバウンド・観光ビジネス総合展」エリア
開催時間 10:00〜18:00
セミナープログラムはこちら

2017年 出展者一覧 [80社・団体、80小間]

アイ・ディー・エー、アクトプロ、アコースティガイド・ジャパン、アシヤ印刷、アンドロード、インクリメントP、インジェスター、Infla-Inbound Front Line Association(まちづくりプラットフォーム/地域ブランディング研究所/うぶすな)、エアサーブ、エジソンハードウェア、SBJ銀行(SHINHAN BANK JAPAN)、NOK、NTTアド、オーバル、おもてなしICT協議会(ソフトバンク/ピープルソフトウェア/富士通/モリサワ/日立製作所/大日本印刷)、観光予報プラットフォーム推進協議会、観光に特化したデジタル資産管理サービス、近畿日本ツーリスト、グリーンベル、グローバルコミュニケーション開発推進協議会(NTTグループ(NTT/NTT東日本/NTTドコモ)/凸版印刷/富士通/見果てぬ夢/ヤマハ/情報通信研究機構)、経済産業省おもてなしプラットフォーム、KDDI × コロプラ、Gengo、サーベイリサーチセンター、CO3(次世代型 音声インフォメーションサービス)、ジェイティービー、JELLYFISH、新浪日本微博、ジャパンアンバサダー/VIPO、ジャパンショッピングツーリズム協会(夢想旅行/インディゴジャパン/Reflections General Office)、ゼンリン、大同紙工印刷、テレコムスクエア、日本金銭機械/日本通運、日本翻訳センター、日本ユニシス、日本留学インターンシップ支援協会、日本旅行 地方創生推進本部(日旅ビジネスクリエイト(ココシル))、ピーディーシー、富士ゼロックス、フジヤ、ブリックス、ブルームーン・マーケティング/Syno Japan、Pacer、町田ひろ子アカデミー/みはし/リンテックサインシステム、MATCHA、ミニマル・テクノロジーズ、やまとごころ、リコー、ログバー、ロングライフリゾート、ワイズアンドパートナーズ・ジャパン、ワックジャパン、ワンストップ イノベーション