ジャパン・ツーリズム・アワード

第4回 ジャパン・ツーリズム・アワード
募集開始!

国内外の人々の交流が日々拡大する中で、観光は雇用機会の創出、社会経済の活性化、相互理解の深化を実現させ、日本のみならず世界の成長戦略として位置付けられています。ツーリズムの発展には旅行業、運輸・宿泊業のみならず自治体、農林水産業、製造業、サービス業、IT産業など幅広い分野の産業・組織が関与しており、その裾野の拡大は目を見張るばかりです。本アワードはツーリズムの発展・拡大に貢献し、「ツーリズムEXPOジャパン」とのシナジー効果に寄与、または国内・海外の団体・組織・企業の持続可能で優れた取り組みを表彰するものです。受賞取り組みを広く社会に知らしめることで、ツーリズムへの理解を進めると同時に、モデルとしてさらなるツーリズムの発展に寄与することを目的とします。

応募について

応募領域・部門

ジャパン・ツーリズム・アワードは「国内・訪日」、「海外」の二つの領域で各領域三つの部門で募集を行います
国内・訪日領域
ビジネス部門
地域部門
メディア部門
海外領域
ビジネス部門
地域部門
メディア部門

各部門の説明※応募段階で1年以上の取組を対象とします。

1ビジネス部門(国内・訪日領域/海外領域)

国内外の交流人口の拡大や、ツーリズム業界の価値向上に大きく貢献した、事業性 のある取組を表彰します。

※事業性があり、1年以上継続している取組

■取組事例

シリーズ型旅行商品、着地型観光企画、ICTを活用したサービス提供、イベント創出などMICE への取組、訪日外国人の誘客への取組、産業観光、エコツーリズム、ユニバーサルツーリズム、 スポーツツーリズム、フードツーリズム、ショッピングツーリズムなど交流拡大への取組、観光人 材育成、宿泊機会拡大につながる取組、ラグジュアリーマーケットへの取組、エンターテイメント ビジネス、障害者にやさしい取組、震災復興プログラムなど

2地域部門(国内・訪日領域/海外領域)

国・地域の観光関連組織が一体となっての魅力ある観光地域づくりや、国・地域 固有の観光資源を活かした総合的地域活性化に結び付く取組を表彰します。

■取組事例

DMOなどによる観光地域づくり、地域独自のコンテンツを活用したプロモーション(含む映像、ポスター)、地域の伝統・文化・工芸の伝承への取組、地域特産物を活用したプロモーション、イベント創出、キャラクターを活用したプロモーション、障害者にやさしい観光地域づくり、訪日観光客受 入拡大施策(プロモーション、インフラ整備、おもてなしなど)、震災復興施策、観光人材育成など

3メディア部門(国内・訪日領域/海外領域)

国内外への旅行需要喚起・促進および地域の価値向上に大きく貢献した広報媒体やプロモーションなどの取組を表彰します。

■取組事例

番組制作(街歩き、食べ歩き、歴史探訪、地域魅力発信、訪日外国人特集、連続ドラマ、大河ドラ マなど)、映画製作(含むアニメ)、小説、まんが、YouTube、写真集、ポスターなど交流人口拡大や寄与する取組

応募締切

応募期間:3月1日〜5月31日
2018年5月31日(木) 23:59厳守

※1 申込データ登録時刻によります。

※2 締切間際の応募は、通信状態等により締切に間に合わない場合がありますのでご注意ください。

※3 必要に応じ、応募内容について問い合わせる場合がありますので、担当者の連絡先について、記入漏れのないようご注意ください。

応募方法

応募フォームに従って必要事項を入力の上、ご応募ください。画像等の添付につきましても、応募フォームよりアップロードできます。

審査について

審査方法

応募資料をもとに、観光をはじめとする様々な業界の有識者で構成する審査委員会(審査委員長:本保芳明 国連世界観光機関(UNWTO)駐日事務所代表)にて各賞を決定し、表彰を行います。

審査基準

審査を行う上での選定のポイントは以下のとおりです。

先駆性・創造性 今までにない気づきの取組で、新しいマーケットを創造しているか?
新しいビジネスモデルの創出につながっているか?
消費者のニーズにマッチしているか?
持続・発展(可能)性 継続した取組で、成果を残しているか?
今後の継続で、さらなる進展を実現できる可能性が高い取組か?
*最長で直近5年間の取扱人数、来訪者数、取扱件数、実施回数、観光消費額を記入してください
社会性 地域との共生を目指し、課題解決、魅力づくりに貢献しているか?
ツーリズムを通じて、歴史・文化遺産の保全、環境保護、人材育成、ユニバーサルデザインの実現など持続可能な社会の実現に貢献しているか?

各賞(予定)

大賞 1本 トロフィーと表彰状が授与されます
優秀賞 3本 表彰盾が授与されます
入賞 各部門1〜5本程度 表彰状が授与されます
DMO推進特別賞 <1〜3本> 地域の「稼ぐ力」を引出し、地域への誇りと愛着を醸成する「観光地経営の視点」に立った舵取り役として、多様な関係者と共同しながら、持続的に発展・推進しているDMOの取組を表彰します
ICT活用特別賞 <1〜3本> 情報の発信、マーケティング、言葉の壁や障害の壁あるいは人材不足を補う手段として、ICTを活用して交流拡大を進める、あるいは実現に貢献する取組を表彰します
UNWTO
倫理特別賞 <1〜3本>
地域環境の保全、歴史・文化の継承、障害者への配慮、交流活性化による相互理解の促進、働きやすい環境の整備など、持続的でUNWTO観光倫理憲章の精神に則った優れた取組を表彰します

※応募資料をもとに観光をはじめとする各界の有識者で構成する審査委員会(審査委員長:本保芳明国連世界観光機関(UNWTO)駐日事務 所代表)にて各賞を決定し、表彰いたします
※大賞、領域優秀賞およびUNWTO部門賞受賞の取組は、UNWTOアワード事務局に応募の推薦をします。表彰式2018年9月20日(木)東京ビッグサイトにて開催予定

選定結果の通知等

受賞者については、事務局から受賞者に通知します。
また、選定された成果は、ホームページなどを通じて広く発信する予定です。

ジャパン・ツーリズム・アワード 募集事務局
(受付時間:平日 10:00~18:00)